剣盾S3最終37位(2152)バルジオン 鬼火運ゲサイクル

f:id:BrideMikiNakano:20200301162032p:image

《挨拶》

貴方の未来に死が見える〜(グレモリー)。お久しぶりです。剣盾S3シングルランクマッチにTN ぱるジーナ、TN BadBallerinaで潜っていたぱるよしと申します。マッチングした方々ありがとうございました。今季は最終日最高16位、最終37位でした。

f:id:BrideMikiNakano:20200301193736j:image

なお、本記事は一桁目指して負けて萎えた男がヘラりながら書き殴ったものになっておりますので服用には充分ご注意ください。

《構築経緯》

ドラパルト最強、カビゴン最強、ドリュウズ最強。ウオノラゴン怖いからミトム。ドラパルトがとんぼ打ったあと悪技を受けれるようにバルジーナブラッキー嫌い=ブリムオン採用。

《個体紹介》

f:id:BrideMikiNakano:20200301162525j:image

ドラパルト 拘りスカーフ

意地っ張りAS252D4

特性すり抜け

とんぼ返り ドラゴンダーツ

ゴーストダイブ 鬼火

前季と同じ型。鬼火で誤魔化ししようとしたカビゴンは基本からげんき持ってる。ジェット積んだポケモンの上を取れるのが偉いがゴーストダイブはマジで打つ機会が減った。シャドボにしたいけどダイホロウでは結構打つから変えられない。

運ゲ要素:鬼火

f:id:BrideMikiNakano:20200301162538j:image

カビゴン フィラのみ

腕白HB252D4

特性くいしんぼう

あくび カウンター

のしかかり ヘビーボンバー

パクった。何やっても強い。ブリムオンがダイマを切って刈りきれなかった物理アタッカーをカウンターで持っていくのが強かった。対面操作のあくびもグッド。

運ゲ要素:のしかかり あくびの眠りターン

f:id:BrideMikiNakano:20200301162549j:image

ロトム-ウォッシュ オボンのみ

図太いHB252D4

特性ふゆう

鬼火 ハイドロポンプ

ボルトチェンジ 放電

雑に強い。主にヒヒダルマパルシェン、アーマーガアを止めてくれた。初期に流行ったミミノラゴン意識だったのだが何だかんだ最後まで仕事した。しかし命中不安パーリーピーポーなので出来れば二度と使いたくない。

運ゲ要素:鬼火 ドロポン 放電 

情状酌量の余地なし

f:id:BrideMikiNakano:20200301190548j:image

ドリュウズ 突撃チョッキ

意地っ張りH92A36B4D252S124

特性すなかき

フェアリー撲殺隊長。カビゴンのヘビボンでは突破がしんどいピクシーやマホイップに風穴を開けてもらう。バンギラスが重いため最終日砂かきに急遽変更したりしなかったりした。型破りならロトムへの処理が楽になったり岩石封じでアーマーガアのSを下げてバルジーナで挑発を入れに行ったりできる。一長一短。

運ゲ要素 アイアンヘッド つのドリル

f:id:BrideMikiNakano:20200313224813j:image

バルジーナ ロゼルのみ

慎重H236B108D188

特性ぼうじん

イカサマ とんぼ返り

羽休め 挑発

こいつは割と考えた。H-D臆病252サザンドラの悪巧みダイドラグーン最高乱数切り耐え。眼鏡臆病サザンドラの流星群Cダウン込み2耐え。ミミッキュの球じゃれつくロゼル込み乱数2耐え(低確率)。ある程度誤魔化し性能を持たせるためにBにも割いたのだが控えめサザンドラがちょくちょくいたため防御は切ってDに回すべきだと思った。主にサザンガルドへドラパと合わせて投げていた。

うんち要素:カビゴンののしかかりで麻痺らされる。ドリュウズのドリルですぐ死ぬ。

f:id:BrideMikiNakano:20200301162627j:image

ブリムオン いのちのたま

控えめHC252D4

特性 マジックミラー

サイコキネシス マジカルシャイン

マジカルフレイム トリックルーム

ステロや毒、宿り木なんかを跳ね返すのが気持ちよかった。ブラッキーの前でトリルを貼ってもあくびで茶々入れられないのが素晴らしい。あとシンプルに超妖炎の技範囲は止まりにくい。トリル⇨ダイマ3ターン⇨マジカルフレイムをキッスに撃ち逃げする動きが強かった。主にヌルアントやミミノラゴンに投げていたが終盤は居なかった。

ウンコ要素:名前(うんちぶりぶりブリムオン)

 

f:id:BrideMikiNakano:20200302060726j:image

レンタル貼っときます。興味あれば是非。

質問等ございましたらお気軽に@BrideMikuNakanoへ

《special thanks》

つきやま枠

《special f◯ckin》

くろこ